「加圧シャツで少しでも体を引き締めたいけど、サイズが合わないのでは...?」

「体格がよすぎて、加圧シャツが入らないんじゃないか...?」

太っているからこそ加圧シャツでお腹についた大量のお肉をすっきりさせたいと思っても、実際に自分が着れる加圧シャツがあるかどうか分からず、なかなか手が出せないという人もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、10種類以上の加圧シャツの寸法を比較。大きいサイズでも着れる、そして加圧効果もしっかりキープできる加圧シャツをピックアップしてご紹介していきます。

 

そもそも加圧シャツはふつうのシャツより小さい

加圧シャツというのは、最大の機能として「体に圧力をかける」ことを目的としています。

なので、ふつうのTシャツなどと比べると、圧倒的に小さく見えるんです。上の写真を見ると、誰もが「え!?こんなに小さくて着れるの??」と不安に思うのではないでしょうか。

ただ、圧をかけるために使われているスパンデックスという特殊な素材は、非常に伸縮性の高い素材です。

つまり、着る前は小さくても、素材がしっかり伸びることで、大きな体もすっぽりと包み込んでくれる仕組みになっているのです。ピッチピチの状態で着るのが正しい着方というわけですね。

加圧シャツのほとんどが、サイズはMとLの2種類です。

かなり体が大きい人でも、着ると伸びるのでLサイズで十分ですよ、ということなんですね。

実際に身長が180cm以上とか体重が100kgを超えるという体格のいい人でも、加圧シャツの最適サイズはLサイズだったりします。

 

加圧シャツの適応寸法はどのくらい?

ただ、同じように「Lサイズ」と言っても、メーカーによって微妙に大きさが異なるのも事実です。

加圧シャツというのは、そもそも伸ばして着ることが前提です。

なので、着る前の実寸ではなく、実際に伸ばしたときにどれだけ大きく着れるのか(つまり、どれだけ伸縮性が高いか)という点を見るのがポイント。

そこで、主要な加圧シャツの適応寸法を調べてみました。

加圧シャツの適応寸法表(最大サイズ)

シックスチェンジ 身長 173~185cm
胸囲 95~105cm  
マッスルプレス 身長 175~185cm
胸囲 96~104cm
(ただし、胸部の最大伸縮幅は120cm越え!) 
バルクアップアーマープロ 身長 175~185cm
胸囲 96~104cm
パンプマッスルビルダー 身長 175~185cm
胸囲 96~104cm
DANXY 身長 175~185cm
胸囲 96~104cm
スパルタックス 身長 176~185cm
胸囲 96~103cm
SASUKE 身長 問い合わせたが不明
胸囲 問い合わせたが不明

*すべてLサイズ

これを見ると分かるとおり、記載されている適応サイズとしてはシックスチェンジが胸囲105cmまでと一番大きいことが分かります。

ただ、マッスルプレスは「最大伸縮時(思いっきり伸ばしたとき)」の身幅が64cmなので、表裏合わせると胸部は最大で120cm以上は入るということになります。

 

大きいサイズの加圧シャツおすすめはコレ!

というわけで、大きいサイズで加圧シャツを選ぶなら「シックスチェンジ」か「マッスルプレス」のLサイズ、どちらかを選ぶといいでしょう。

ここではシックスチェンジ、マッスルプレスの細かいスペックをご紹介しておきます。

高い伸縮性でメタボ腹もしっかりサポート!シックスチェンジ

高い「SPANDEX(スパンデックス)」使用量

生地がよく伸びて大きな体もしっかり引き締め

10日間の返金保証付き

価格 3,980円+送料(800円~1,000円、地域による)
*3枚以上のセット買いで送料無料
*6枚のセット買いで1枚プレゼント(合計7枚)
素材 ナイロン82%、スパンデックス18%

シックスチェンジの総評

スパンデックス繊維の使用量が18%と高く、伸縮性が高いので、大きな体でもすっぽり覆ってしっかり引き締めてくれます。

サイズ表記では胸囲最大105cm

生地が大きく伸びるため、実際に着てみるとフィット感高く大きな体でもしっかりフィット感を実感できるはず。

がっつり引き締めたい人向けの、人気の加圧シャツです。

伸縮性なら負けない!マッスルプレス

マッスルプレス

人気のYouTuberぷろたんも愛用

独自の特殊設計でシャツの伸縮性を高める

価格 3,980円(税込み4,378円)+送料
*3枚セット:1枚あたり3,649円
*5枚+1枚セット:1枚あたり2,842円←一番お得!
素材 ナイロン95%、スパンデックス5%

 

マッスルプレスの総評

マッスルプレスは伸縮素材のスパンデックス繊維が5%と少な目なのですが、特殊な伸縮技術によって、高い伸縮性を実現しています。

Lサイズの胸囲は最大104cm

なのですが、実際に生地を伸ばすと最大で胸囲120cm以上まで伸びることが分かっています。

もちろん、高い加圧力はキープ。

大きいサイズの人でも、しっかりと体を締め付けて効果を実感できる作りになっています。

 

LLサイズの加圧シャツもある!?

実は、楽天などでは「LLサイズ」と表記された加圧シャツを見つけることができるんです。

ところが、こうしたLLサイズの加圧シャツの「適応寸法」を見てみると、ここで取り上げているLサイズやフリーサイズの加圧シャツと同じ or 小さいことが分かります。

【A.D.one コンプレッションインナー】⇒LLサイズがあるが、胸囲は97~103cm

このように、表記上では「LLサイズ」でも、シックスチェンジやVIDAN THE BEASTのLサイズより対応寸法が小さいのが分かりますね。

このように、少しでも大きいサイズの加圧シャツを選びたいなら、サイズ表記よりも、実際の寸法に書いてある数字をチェックすることが大事なんです。

 

太った体格の人でも加圧シャツの効果を実感できるのか?

加圧シャツで期待できる効果は、

自然と腹筋を意識するようになって力を入れた状態を保てるので、無理に筋トレしなくても内側から鍛えることができる

姿勢が矯正されて体幹が鍛えられるので、代謝アップにつながる

加圧シャツを着ることで、日常生活の動きを効率よく「鍛える」につなげられる

などがあります。

でも、「太っていると、加圧シャツを着てもそんなに変化はないんじゃないか...」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

むしろ逆です。体格が大きくて太っている人こそ、こうした加圧シャツの効果を実感しやすいと言えるでしょう。

特に、加圧シャツを着るとまず最初に実感する「姿勢矯正」の効果。正しい姿勢を常にキープできるようになると、自然と体幹が鍛えられて代謝アップにつながります。

太っていてなかなか痩せない人というのは、この「代謝」が低くなっているケースが多いんですよね。

代謝がアップすれば脂肪を燃焼しやすくなるので、ハードな運動をしなくてもじわじわと体がすっきりしていくのを感じることができるでしょう。

脂肪がたくさんついていて代謝が低い人ほど、この実感が大きいはずです。

 

実際の伸び具合で選ぶなら「マッスルプレス」がおすすめ!

加圧シャツというのは、体にフィットして締め付けることで効果を発揮しますので、ゆるくてぶかぶかのシャツでは意味がありません。

しっかりと体を引き締めてくれて、しかも体が大きい人でも安心して着ることができるのは、「より高い伸縮性」を持つ加圧シャツということになるでしょう。

マッスルプレスやシックスチェンジは実際に着用しても生地がよく伸びることが分かるので、大きい体でもしっかりフィットし覆ってくれて、よぶんなお肉をガッチリと締めつけてくれるというわけです。

大きい体型の人でも加圧シャツの効果をしっかり実感できる作りになっていると言えるでしょう。

胸囲が100~105cmほどの人であればシックスチェンジがおすすめ。

もしそれ以上であれば、最大伸縮幅が大きいマッスルプレスがおすすめです。

効果を損ねることなく安心して着ることができる加圧シャツでしっかり引き締めましょう!

大きいサイズでも着れる加圧シャツで今すぐ体型改善する
↓ ↓ ↓

更新日:

Copyright© 大きいサイズの加圧シャツ比較 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.